FC2ブログ

【照明】温白色は大正解?人感センサー付照明全9箇所公開!必要・不必要な場所は?

お久しぶりでございます。
最近ちょっと忙しくてブログや各SNSの更新頻度ダダ下がり中です・・・。
ブログ放置期間中もご訪問頂きました皆様ありがとうございます☆

少し落ち着いてきたのと、色々と書きたいことが溜まっているので
もっと更新をペースアップしていきたいと思います♪(←先月も同じこと言ってる・・・w)



本日は前回の続きで【照明】のお話しでございます!

(参考記事)
【照明】我が家の照明全51箇所☆種類や特徴、使用例を大公開♪


9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s.jpg


我が家の照明はシャンデリアやブラケットライトなど装飾的な照明以外は
ほとんど「温白色」の照明を使用しております!!


そもそも・・・お恥ずかしながらマイホームを建築するまで
「温白色」という色の存在を全く知りませんでしたが・・・

電球には色温度によって様々な色の種類があり
色温度が高くなるにつれて青白く強い光になります。

最も色温度が高く、白い光は「昼光色」で
下記順に色温度が低くなっていき
「電球色」が最も色温度が低くオレンジ色の弱い光になります。


色温度高/強い光

「昼光色」

「昼白色」

「白色」

「温白色」

「電球色」

色温度低/弱い光



一般的に色温度が高い「昼光色」が最も明るく
「電球色」が最も暗い光となります。



お家の明るさについては、各部屋の用途によっても変わりますし
住む方の好みも大きく影響するかと思いますが
我が家の場合は強く青白い光が苦手だったので
「昼光色」と「昼白色」の照明は一切使用せず
お家全体の照明を「温白色」と「電球色」に統一した為
建築当時は暗くないかなぁ・・・???
と明るさを少し心配しておりました。


一年半住んでみた結論は・・・!!

温白色の照明は全く暗くなく快適です♪


電球色だとオレンジがかった光で物の色の見え方が変わるので
食べ物を扱うキッチンやクローゼットなどには
不向きなので場所によっては注意が必要ですが

温白色の場合は柔らかい白い光なので
そのようなこともなく、家中どこに使用しても問題なく
眩し過ぎることも無い為とても便利ですよ♪


温白色の照明で悩まれている方がいらっしゃれば
参考にして頂ければ幸いです☆



照明の色に続きまして照明計画で問題となるのが
人感センサーの有無ですが・・・


我が家が人感センサー付の照明を使用している場所
お家の外回りも含めて全9箇所(12個)になります!!


◆お庭用のスポットライト(外)・・・2箇所

ie454.jpg
(雨の日に撮った暗い写真ですみません・・・)


夜にお庭で作業をすることはあまりないので
基本的に防犯用の為、人感センサー必須!!
センサーの反応も良く使用感も◎


(使用している照明はコチラ↓)





◆カバードポーチの外灯(外)・・・1箇所

ie456.jpg


玄関ドア横のブラケットライトは
見た目的にマストで付けようと思っていましたが
夜帰宅する際にお家がパッと明るくなるのは
気持ち的にも良い感じで見た目&使用感は◎


(使用している照明はコチラ↓)





◆玄関ホールのシャンデリア&ブラケットライト・・・1箇所
◆玄関ホールのダウンライト・・・1箇所


ie455.jpg


シャンデリアとブラケットライトは
照明器具自体には人感センサー機能がないので、
人感センサー内臓のスイッチプレートをシューズクロークの間の壁に設置して
シャンデリアとブラケットライトが連動して(①)センサーに反応するようにしました!


ie457.jpg


両手に荷物を持っていたり、眠った息子を抱っこしていたり
帰宅時は常に何かを持っていることが多いので
この人感センサーは本当に便利で付けて大正解でした!!


(使用している照明はコチラ↓)




逆に・・・別に人感センサーでなくても良かったかなぁと思うのが
玄関ホールのダウンライト2個です。

人感センサー付きのダウンライトと連動タイプのダウンライトを
2個セットにして連動させております!(②)


ie458.jpg


もちろん廊下を通れば勝手に電気が付いてくれるので便利なのですが
日中はシャンデリアの灯りだけでも問題なく明るく
人が通る度に付いたり消えたりするのが若干煩わしく
電気代がもったいない気がします

2階ホールは減額調整の際に人感センサーなしに変更しましたが
1階ホールもダウンライトの人感センサーは
なしでも良かったかなぁ・・・と思います。


(使用している照明はコチラ↓)





◆SICの小型シーリングライト・・・1箇所
◆WICの小型シーリングライト・・・2箇所
◆2階トイレの小型シーリングライト・・・1箇所


w159.jpg


シューズクローク(SIC)やウォークインクローゼット(WIC)のように
滞在時間が短く電気を消し忘れしやすいような小部屋は
人感センサー付の照明がとっても便利です♪

減額調整の際にダウンライトから
人感センサー付の小型シーリングライトに変更しましたが
この変更に関しては大正解でした!!

取付費もかからず器具自体の金額もリーズナブルで
人感センサーの反応も問題ないためとてもおススメです☆

温白色の照明が無かった為、白色の照明器具になります。


(使用している照明はコチラ↓)



2階のトイレに関しては
「トイレはちょっと薄暗い方が落ち着く!!」という主人の主張から
電球色の器具を選びました☆






基本的に1階で生活をしているので
2階のトイレに関しては一旦電気を消し忘れると
次にいつ発見されるかわからない為
装飾性はありませんが人感センサー付にして大正解でした!



逆に・・・1階のトイレに関しても
思いっきり電気消し忘れまくりなので・・・
ケチらずに人感センサー付きのスイッチプレートを設置すれば良かった・・・
と若干後悔しております


w238.jpg



以上!!
我が家の人感センサー付照明全9か所をご紹介させて頂きました♪

若干の後悔箇所はあるものの
思っていた以上に人感センサーの反応が良く
満足のいく仕上がりになっております☆


中々図面上ではわかりにくく、住んでみないとわからない部分も多く
頭を悩ませる電気配線ですが
現在マイホーム建築中や照明器具で悩まれている方の
少しでも参考になれば嬉しいです



☆マイホーム建築の参考になるテーマはコチラ
にほんブログ村テーマ 家づくりおすすめできる事・できない事へ
家づくりおすすめできる事・できない事

家づくりを楽しもう!


マイホーム、我が家




☆みなさまの参考になる照明計画はコチラ
にほんブログ村テーマ 新築の照明プランへ
新築の照明プラン

注文住宅のあかりと光


照明・ライトニング


照明・ペンダントライト・デスクライト






施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)
インテリアブログ フレンチインテリア


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ



ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村




最後までお読み頂きありがとうございました





スポンサーサイト

【照明】我が家の照明全51箇所☆種類や特徴、使用例を大公開♪

あっという間に極寒の2月も終わり
気がつけば3月下旬に・・・!!

約1ヵ月もブログを更新せず放置してしまったのは
なにげにブログを開始以来初めてです

ちょっと気を引き締めて色んなことに取り組みつつ
もう少しブログの更新頻度も上げていきたいと思います☆



マイホーム計画で間取りについで悩む項目の一つ。
それは電気配線ではないでしょうか?

私も計画中は電気配線図とにらめっこしながら
照明やコンセント、スイッチの位置や種類を悩みまくったことを
今でも鮮明に覚えております


我が家の間取りは完全同居の2世帯住宅なので
部屋数やや多めの5LDKなのですが
照明の数は家の中&外を含めて全51箇所になります!!
(機能門柱の外灯は除く)



ie453.jpg



本日は我が家にはどのような種類の照明が何個あるのかを
その特徴や使用例と共に一挙にご紹介させて頂きます♪




◆シーリングライト◆
各居室のメイン照明・・・合計6箇所

天井に直接取り付ける照明器具でメイン照明として部屋全体を均一に照らすタイプの照明。
自分で簡単に取付が可能。デザイン性のあるものからシンプルなものまで種類が多い。






<我が家の使用例:主寝室>

w193.jpg


シャンデリアのように装飾性はなく比較的シンプルな商品が多いですが
リモコン付きで調光機能やタイマー設定などがありとても便利なので
特に明るさや光の色を微調整したい寝室はシーリングライトがダントツでおススメです♪





 ◆小型シーリングライト◆
SIC、WIC、トイレ、小屋裏・・・7箇所


天井に直接取り付けるシーリングライトの小型版で狭い場所に最適な照明器具。
人感センサー付きのものも安価で手に入るのが嬉しいポイント!






<我が家の使用例:WIIC>

w203.jpg


装飾性はゼロですが小型ながらにかなり明るく、
WICなどの小さな空間にはこれで十分です!
人感センサー付きの商品も多く、反応も良いので
WICやトイレなど狭くて電気を消し忘れそうなお部屋におススメです♪





◆ダウンライト◆
ホール、LDK、ニッチなど・・・20箇所


天井に穴をあけて埋め込むタイプの照明器具。
天井から真下を直接照らす効果が強く、補助照明としても活用されている。
取付は配線を伴う工事の為、電気工事士の資格が必要。






<我が家の使用例:玄関ホール>

w235.jpg


ダウンライトは小型シーリングライトと比べると
天井に埋め込まれている分見た目はスッキリしています♪

しかし・・・ホールの天井なんて日常生活の中でまぁ見ません!!!(笑)
初期費用や交換費用のことを考えると小型シーリングライトで
減額調整することも出来たなぁ~という印象です





◆スポットライト◆
リビング、庭・・・5箇所


ライトの指向性のある照明器具で
意図的に一定の場所を照らしたい時などに活用される。






<我が家の使用例:リビング>

ie449.jpg


我が家のリビングは勾配天井で、
天井のセンターにはシーリングファンを取り付けているので主照明がありません。
3面の壁に設置した2口のスポットライトがメイン照明となります。

光の方向を自由に変えられるので
6口中4口は天井を照らして間接照明風な雰囲気を楽しんでおります♪

リビングに主照明がないので明るさが心配でしたが
全く問題なくむしろ全部付けることは少ない感じで過ごしております☆





◆ペンダントライト◆
キッチン、トイレ・・・3箇所


天井から配線で吊り下げるタイプの照明器具。
インテリア性が強く、主照明や補助照明など様々な用途で利用される。






<我が家の使用例:キッチン>

ie450.jpg


ぶっちゃけ完全にインテリア照明です!!
キッチンはダウンライトだけで明るさは足りるので
普段はペンダントライトを付けることは少ないです
でもこの照明はフォルムが可愛くてお気に入りです♪





◆ブラケットライト◆
玄関、寝室、ホール、階段・・・6箇所


壁面に設置して特定の部分を照らすタイプの照明器具。
一般的には補助照明として利用され、壁に写る光の陰影も楽しめる。






<我が家の使用例:洗面台前>

w319.jpg


ホールや寝室などで使用しておりますが
装飾的な照明器具なのでこちらに関しても見た目重視で
明るさはあまり気になりません。
壁に写る影も楽しめるのでインテリアのアクセントにおススメです♪





◆シャンデリア◆
玄関、ダイニング・・・2箇所


装飾的でキラキラ感の強い照明器具。
先端がとがったシャンデリア球が使われることが多く
何灯構成かによって明るさが変わる。






<我が家の使用例:ダイニング>

w288.jpg


完全に見た目重視で選んだシャンデリアですが
ダイニングの主照明としての明るさは全く問題ありません!
シャンデリアは灯数や装飾が多いほどゴージャスな印象になりますし
メダリオンを天井にプラスするとさらに華やかになります♪

注意点は装飾性が高い分ほこりがつきやすいので
マメなお掃除が必要です!(特に我が家はダイニングテーブルの下なので・・・)





◆関節照明◆
キッチンバックセット上、洗面所タイル前・・・2箇所


光源を天井や壁に埋め込んだり隠して設置し
壁や天井に光を当ててその反射光を利用して周囲を照らす照明器具。






<我が家の成功使用例:キッチン>

ie451.jpg


マイホーム建築中はあまり気にも留めなかった間接照明ですが
リビングやダイニングなどもっと活用できる場所があっただろうな・・・と今更プチ後悔中です。

キッチンのバックセット上の間接照明は思いの他明るくて存在感抜群♪
あるのとないのではオシェレ度が違う気がします!!
ここは間接照明を設置して良かったと思える成功例です☆



一方・・・あまり意味がなかったなぁ~と思う失敗箇所はコチラ



<我が家の失敗使用例:洗面所>

ie452.jpg


奮発して貼ったモザイクタイルを目立たせたくて
洗面台の上の鏡の下に小型の間接照明を設置しておりますが・・・

正直あまり目立ちません・・・

言わなければ気が付かない人の方が多いかもしれません。。。


もちろんタイルのキラキラ感を演出出来るしあって困るものではないのですが
減額調整出来るポイントだったかなぁとも思います




以上!我が家の照明全種類でした☆


久々の更新で張り切って長くなってしまいましたので
次回は照明後編で照明の色や人感センサーの必要性などについて
ご紹介させて頂く予定です♪




☆みなさまの参考になる照明計画はコチラ
にほんブログ村テーマ 新築の照明プランへ
新築の照明プラン

注文住宅のあかりと光


照明・ライトニング


照明・ペンダントライト・デスクライト






施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)
インテリアブログ フレンチインテリア


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ



ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村




最後までお読み頂きありがとうございました





貼り分け次第でお部屋のイメージが大きく変わる!!主寝室の壁紙は?

またもや予告とは異なりますが・・・
主寝室のWeb内覧会の前に本日は
主寝室の壁紙の貼り分けについて書きたいと思います!


壁紙選びの際に
クロスの貼り分け方次第でお部屋全体の印象が大きく変わる
ということを学びましたので
主寝室のクロスの貼り分けで悩み苦しんだことを
図解付きでご紹介したいと思います!


主寝室のテーマは「ローラアシュレイ風」です

本家ローラアシュレイの輸入クロスは
色柄共にとっても素敵ですがお値段的に完全アウトなので
我が家は国産壁紙のみを使用して洋風な雰囲気を出すように心がけました!




寝室の壁用に選んだクロスはコチラ↓


w201.jpg


一目ぼれしたブルーグレーのバラ柄クロス(↑右端)を
どこかに使用することが前提でクロス選びがスタートしました。


このサンゲツのバラ柄クロスは
1階の洋室で使用したクロスの色違いになります↓






バラ柄や深緑のクロスはオプションの1000番クロスですが
経費削減の為、左端のホワイトベージュ系のクロスは標準のものです。

標準クロスを1000番クロスに思わせるような貼り分けで
素敵にごまかそう!という作戦です




寝室の間取りの全体像はコチラ↓


z103.jpg


寝室に書斎とWICが隣接する間取りになっております。



アクセントクロスは一番目立つ面という鉄則にのっとって
ドアから入って正面の出窓のある壁にしよう!
と決めたのですが・・・

主寝室は壁4面にチェアモールを設置予定の為
どのようにクロスを貼り分ければよいのか非常に悩みました



問題のアクセントになる壁はコチラ↓


z85.jpg



3種類のクロスを使用してどのように貼り分けるのがベストか
図面で検討してみたいと思います。



<チェアモールの上に花柄を貼ったパターン①>

z98.jpg


アクセントとしては「やってやった感」はありますが
これがお部屋4面あると思うとちょっとうっとうしいかも・・・

他の3面は花柄をやめてモール上を標準のホワイトのクロスにすれば節約になる?



<チェアモールの上に花柄を貼ったパターン②>

z99.jpg


バラ柄も引き立って優しい雰囲気ですが
この貼り分けなら4面このパターンになるので
主に旦那が寝る寝室としてはガーリー過ぎるかも・・・




イメージ的にクロスを上下で貼り分ける場合は
柄物は上だと思っていたのですが
ICさんから柄物が下でもありだよ~というアドバイスを受けて
上下反対バージョンも検討してみることに。




<チェアモールの下に花柄を貼ったパターン①>

z96.jpg


おぉぉ!!
これだとガーリー過ぎず引き締まってなかなか良いかも♪
でも残りの3面をどうしよう・・・



<チェアモールの下に花柄を貼ったパターン②>

z100.jpg


爽やかで標準クロスが多くてエコだけど・・・
これではアクセントにならないから却下!!

ただアクセント以外の3面ならこのパターンありかも♪




そもそもアクセントの面が上下分かれている必要があるのかな?と思い
1面だけチェアモールを外した場合はどうなるのかも考えました。



<アクセントクロスの面はチェアモールを外すパターン①>

z97.jpg


バラ柄が最も目立ってアクセントクロスとしての存在感は抜群!
これだと残り3面の組み合わせの自由度が高い?




<アクセントクロスの面はチェアモールを外すパターン②>

z95.jpg


色がはっきりするのでアクセントクロスとしては◎
ただお部屋全体の可愛らしさに欠けるかも・・・?




悶々と悩んでいることをICさんに相談したところ、
壁だけでなく

・どんなカーテンを付ける予定か?
・アクセントクロスの面に付ける予定のブラケットライトの色や形は?
・エアコンをどの面に設置するのか?

などなど部屋全体を考えなければダメだというアドバイスを受けた結果・・・



さぁ・・・我が家の寝室のクロスはどのパターンになったのでしょうか?



ヒントは

・アクセントクロスの面にホワイトのブラケットライトを設置!
・書斎が寝室側から見える!
・エアコンの色は白でアクセントクロスではない壁に設置!

です☆^^



次回こそは主寝室のWeb内覧会で
クロスの貼り分けがどうなったのか詳しくご紹介致します♪





素敵な寝室がたくさん!
にほんブログ村テーマ WEB内覧会*寝室へ
WEB内覧会*寝室

クロス 壁紙


みんなのWeb内覧会




施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)

にほんブログ村 住まいブログへ



ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
  にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村




最後までお読み頂きありがとうございました






ホビールームって何??収納力を高めて壁を残した洋室の間取り公開♪

1階洋室&ホビールームのWeb内覧会の前に
この洋室への要望がどれくらい実現出来たのか
検討した結果、間取りがどのようになったのか
プランニングの経緯をご紹介したいと思います♪


我が家は完全同居型の二世帯住宅なので
LDKや水回りなどの共有スペースの他に
家族全員に1部屋ずつ居室(寝室)が割り当てられております☆
(子供が2人になった時点で私の部屋はなくなります・・・


1階の洋室は母の寝室でWICとホビールームが
併設されております!!


そもそも・・・
ホビールームって何なんだ???
と思われる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。



簡単に説明すると
ホビールーム=趣味の部屋


自慢のコレクションを飾ってあったり
作業台や材料、雑貨があったりなどなど
とにかく趣味関係の物で溢れたお部屋
ということになります!



ネットで検索すると


オシャレな雑貨屋さんのように素敵なお部屋や


349c48a5186a688514230e7dd2c4a16b-600x600.jpg
(引用元:http://roomclip.jp/photo/6j0r)



ロフトを利用した素敵な秘密基地のようなお部屋や


Fotolia_1858459_XS.jpg
(引用元:http://kenzaidp.ti-da.net/e3102596.html)



これぞ男のロマン!!というような
車好き憧れのオシャレなガレージルームや


032-1.jpg
(引用元:http://www.garagelife.jp/comm/contents/archives/2005/11/post_147.html)



ガラスケースの中にコレクションがキレイに陳列された
THE・コレクションルームというようなお部屋などなど
個性あふれる素敵なお部屋がたくさん出てきました!!



母は多趣味で洋裁や木工、トールペインティング
プリザーブドフラワーアレンジなどなど
色んな雑貨を作ったり集めたり・・・

多種多様な材料&完成した作品が多いので
隠す&見せる収納がたくさん必要!!



ということで、寝室の隣に

・趣味の材料を隠して収納できる
・作業台となる広めのカウンターがある
・作品を飾れるような飾り棚がある
・コレクションを見せる収納できるニッチがある

ホビールームを作ることになりました!!



ホビールームを作るにあたって
間取り上最も悩んだことは

ホビールームをドアで完全に隠して個室にするか
開口部分を作って寝室とつなげる仕様にするか


という点です。



ホビールームを個室にした場合

寝室からはごちゃごちゃした材料や
作成途中の散らかった作業台等が見えないので
スッキリして良いのですが
冷暖房やテレビが見れないという問題も。
また、個室にするほどのスペースが取れない為
狭くて閉塞感のある暗い部屋になってしまう可能性も・・・



一方、ホビールームを寝室の一角に配置した場合

冷暖房やテレビの問題は解消し、
開口部分の大きさによってはある程度開放感もあるけれど
寝室からかなりホビールームの中が見える為
作業中も常にある程度片付けないと
全体的にお部屋がごちゃごちゃしてしまいます


さてどうするか・・・


見た目や使い勝手、収納力などを様々な面を考慮した結果


寝室とホビールームは大きめの開口部分を作ってつなげて
出来るだけ寝室から見えない部分に収納を作る
というような間取りとなりました


出来るだけ雑貨や作品が飾れるように
壁を残した寝室&ホビールーム全体の間取りはコチラ↓


z68.jpg


メインの寝室はほぼ長方形ですが
部屋全体はかなりいびつな変形型となっておりますが
かなり寝室の壁は残っているかと思います♪



契約前の要望書の内容が実行出来ているか検証したところ・・・

(参考記事)
要望書の内容<1階詳細・その1>



<計画当初の洋室への要望と結果>

・玄関付近でリビングとは離れた独立した洋室  → 
・洋室の広さは8帖以上 → △(7.75帖)
・掃き出し窓不要  → 
・1箇所は出窓にしたい → 
(可能なら出窓の下は収納に)  → ×

・ホビールームは引き戸をつけて → 仕様変更
中に作業カウンターと壁一面の可動棚  → ◎(固定棚)
・ホビールームの広さ2帖以上 → ◎(2.75帖)
・飾りたい小物が多いので、窓以外はできるだけ壁を残したい → 
・最低2畳のWIC  → ×(1.67帖)
・モールディングをつけて壁紙で腰壁風にしたい  → ◎パインの腰壁



結構実現出来ております



次回は母こだわりのカントリー色が強い
パインの腰壁がある洋室を
Web内覧会でご紹介致します♪





素敵なお宅の寝室や収納の工夫はコチラ↓
にほんブログ村テーマ WEB内覧会*ワークスペースへ
WEB内覧会*ワークスペース

WEB内覧会*寝室


web内覧会*収納・クローゼット♪


みんなのWeb内覧会




施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)

にほんブログ村 住まいブログへ


ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
 
にほんブログ村


最後までお読み頂きありがとうございました





吹き抜けVS勾配天井 リビングを快適かつ開放的にする方法は!?

注文住宅の醍醐味は何といっても
間取りの自由度が高い
ということではないでしょうか?


そして・・・
家族みんなが一緒に過ごすLDK
お家の中でも重要度が高く
施主の皆さまがマイホーム計画の中で
こだわりたい場所のひとつかと思います!


モデルハウスで当たり前のように採用されているのが
リビング階段&吹き抜け


large-54d038fb844b6.jpg
※画像はお借りしました

あぁ・・・なんて素敵なんでしょう・・・


new01i_02-thumb-560xauto-28.jpg
※画像はお借りしました


これぞまさに開・放・感!!!


case105-18_03L.jpg
※画像はお借りしました



財力に余裕があれば是非チャレンジしたかった
リビング全部吹き抜けですが・・・
残念ながら庶民の我が家は計画当初から
リビング全部吹き抜けという発想はありませんでしたが
玄関やリビングの一部など家のどこかに
吹き抜けが作れないかなぁと検討しておりました


<吹き抜け>

☆メリット☆

・高天井だからこそ得られる抜群の開放感!
・高窓からの採光が確保され部屋が明るくなる
・とにかくオシャレ!


★デメリット★

・建築費用が割高
・冷暖房の効率が悪くなる
・音や臭いが2階や家中に広がる
・照明取付や窓の掃除などが足場が必要となり大変
・2階の部屋として使用できる面積が狭くなる



メリットはやはり見た目と開放感!ですが
案外デメリットも多いのが吹き抜けの特徴では
ないでしょうか?


全館空調を採用されているお宅などでは
問題ないのかもしれませんが
いくら高気密住宅とはいえ
リビングががっつり吹き抜けの場合は
どう考えても冷暖房の効率は良くなさそうなので
ランニングコストがかかる・・・
さらに音が家中に響き渡るのでは・・・?


我が家は冷え性家族なので
とにかく寒いのが嫌!!!

そして小さいやんちゃな息子が居るので
一日中ドタバタ走り回るし、おもちゃは投げまくるし
トミカやプラレールがそこらじゅうを走っている状態・・・

どう考えても家中にこんなうるさい音が響くのは
快適ではない!!



というわけで、我が家は吹き抜けを作りませんでした
(ただの強がり??

まぁ一番の理由は予算上の問題ですけど・・・



吹き抜けについては潔く諦めた我が家ですが
せっかくの注文住宅なんだから
家が出来上がるまでワクワクドキドキするような
ちょっと変わった部分が欲しいなぁ・・・と悩んだ結果
たどり着いたのが勾配天井です!


c8c1623c0884c4420ef573d65c2e6906.jpg
※画像はお借りしました


勾配天井とはこのように屋根の傾斜を利用した
天井が水平ではなく斜めになっている天井のことですが
吹き抜け程高天井にはなりませんが
そこまでコストはかからず
屋根の勾配次第で通常よりは天井高が高くなり
ある程度の開放感は得られる優れもの


82k82c82j.jpg
※画像はお借りしました


2階リビングや平屋のお宅だと
屋根の勾配を十分に取れるので
迫力のある勾配天井を作ることが出来ますが
我が家は1階リビングなので
半ば無理矢理作った勾配天井なので
残念ながら思ったよりも天井は高くありません・・・


しかし建築中どうなるのかとても楽しみだったし
実際に出来上がったお家を見ても
多少の冷暖房効率が下がることは目をつぶって
思い切って作って良かったと思っております


そんな我が家の庶民派勾配天井
次回のWeb内覧会リビング編で
ご紹介したいと思います


あぁ・・・でもやっぱりこんな
勾配天井&吹き抜け贅沢使いなお宅を見ると
純粋に羨ましくなってしまいます

008.jpg
※画像はお借りしました



にほんブログ村テーマ WEB内覧会*リビングへ
WEB内覧会*リビング

リビングのインテリア




施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)

にほんブログ村 住まいブログへ


ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
 
にほんブログ村


最後までお読み頂きありがとうございました




sidetitleプロフィールsidetitle

Author:こだわりAママ
細かいことまで何でも気になるA型の性格に、家づくりへの情熱とこだわりの強さがプラスされてハウスメーカーさん泣かせのややこしい施主ですが、機能的でおしゃれな輸入住宅づくりに奮闘します!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle
施主様がこだわった素敵な お家の情報満載です! にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
sidetitle家づくり応援サイトsidetitle
無料で大手ハウスメーカーからの間取りプランの提案が受けられるのでおススメです☆
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleWEB内覧会sidetitle
素敵なお家のWEB内覧会はコチラ☆
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle楽天市場sidetitle
sidetitleコンテストに参加中sidetitle
sidetitle日刊sumaisidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: