たかが10cmと侮れない!後悔しない最適なトイレの大きさは?!

息子の風邪が家族中に感染して
今月は体調絶不調で・・・
レジャーも楽しめず片付けも進まず・・・
ブログの更新もスローペースになっておりますが
Web内覧会トイレ編の前に
本日はトイレの大きさについて
熱く語りたいと思います



契約前の段階では漠然と
新築のおトイレはタンクレスがいいなぁ
と思っていた我が家。

20120206115440_img1_555.jpg
※画像はお借りしました


機能性については
お掃除がしやすくてウォシュレットが付いていればOK!
というくらいで
トイレ本体に関してはそれほどこだわりも無かった為
単純に見た目重視
タンクレスにしようと思っておりました


しかし・・・
お打合せが進むにつれて
次々に出てくるオプションの嵐で
便器にお金をかけている場合ではない
ということに気が付き・・・


標準のリクシルのトイレに
少しだけオプションを追加してグレードアップした仕様の
リーズナブルなタンク有のトイレ
あっさりと決定しました


グッバイタンクレストイレ!


そんな誰からもあまり興味を持たれなかった
可哀想な我が家のタンク有トイレはコチラ↓


リクシル ベーシア シャワートイレ

z26.jpg

タンクはありますが(←しつこい
昔に比べると案外スッキリしたフォルム?!
・・・なような気が・・・

フチレスなのでお掃除はしやすそうです

z27.jpg

z28.jpg

お掃除リフトアップ機能も付いているし
自動洗浄機能もあるし
何気に高性能で全く問題なし!!


問題なのはトイレ本体ではなく
トイレの大きさなのです!!


以前の記事で
第3回打合せ 1Fトイレ手洗い器の重要性について考える
家族全員が下記画像のような
トイレのタンクについている手洗い器で手を洗うのが嫌い
ということが判明し・・・


20120122_1797533.jpg


我が家は設計途中で急遽トイレ内に
手洗い器を別付けで設置することになったため
トイレの大きさで問題が発生しました


一戸建ての一般的なトイレの広さとしては

0.4坪<0.75畳>プラン(約800×1250mm)
0.5坪<1畳>プラン(約800×1650mm)
0.75坪<1.25畳>プラン(約1650×1250mm)

の3タイプあります


3タイプの中で最も割合が多いのは
下記図面のような0.5坪<1畳>プランのトイレかと思います↓


z30


我が家も設計当初はこの大きさでしたが
トイレの奥行きが1650mmも必要ないように感じ
廊下の広さを優先して約20cmトイレの奥行きを
削除して0.4坪よりも少し広めくらいの大きさに
変更しておりました


z32


しかし・・・
別付けの手洗い器をつけるには
横幅80cmではかなり窮屈だということになり


z31


最終的には横幅を10cm広げて
変形型の約0.5坪タイプの大きさになりました



トイレのような狭い空間では
このたかが10cmが非常に重要
奥行きの10cmよりも横幅の10cm
特に感覚的にかなり違ってきます


z25.jpg


横に長いカウンターを設置し
その上に手洗い器を置くスタイルになった
我が家のトイレですが・・・
大きくはないものの使用上全く問題はありません


でも・・・本音を言えば


横幅&奥行きがあと10cmずつ広ければ完璧


だったと若干後悔しております・・・

特に横幅10cm・・・


トイレは間取り上優先順位が下がりがちで
他の場所ほどよく検討せず決めてしまう場合も
多いかと思いますが・・・
毎日何回も使用する場所なので
後悔がないようにサイズ・設備等を
慎重にご検討されることを
強く強くお勧め致します


トイレの大きさに関しては
若干後悔が残る我が家ですが
内装に関してはかなり満足しております


次回はそんな我が家の
こだわりの1階トイレを
細かすぎるWeb内覧会でご紹介したいと思います




素敵なトイレがたくさん!
にほんブログ村テーマ WEB内覧会*トイレへ
WEB内覧会*トイレ

トイレ・洗面所・風呂のインテリア♪




施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)


ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
 
にほんブログ村


最後までお読み頂きありがとうございました






スポンサーサイト

【Web内覧会★シューズインクローゼット】 通り抜け出来る2WAYタイプのSIC 

少し間が空いてしまいましたが
本日はWeb内覧会★シューズインクローゼット編です



脱ぎ散らかした靴がない
整理整頓されたキレイなお玄関に憧れて
玄関ホールの横には念願だった
シューズインクロ―ゼット(SIC)を作りました



まずは図面から↓

z1.jpg



SICのタイプについては、前回の記事
シューズインクローゼットは通り抜け出来る必要性があるのか?!
で詳しく書きましたが
我が家のSICはこの2つのドアから
通り抜け出来るタイプのSICです



実際のお家はコチラ↓

w3.jpg


ドアとドアの間にあるスイッチプレートは
玄関ホールの照明の人感センサー付スイッチになります


ドアを開くとこんな感じです↓

w18.jpg


土間とフローリングの割合は大体半々で
土間部分はオール可動棚
フローリング部分はハンガーパイプ&枕棚と可動棚
を設置して頂きました


w19.jpg



シューズインクローゼットの全体像はコチラ↓

z5.jpg


一応換気の為窓を一つ作りましたが
可動棚に靴がびっしり置かれていて
ほぼ開かずの窓になりそうな予感です・・・


1階は天井高が2m70cmなので
可動棚は少し高めに設置して頂きました!


まずは図面から↓

z8.jpg


実際のお家はコチラ↓

w15.jpg


この写真は引き渡し時のものなので
実際は可動棚の幅をもっと詰めて
棚の下を広くあけてベビーカーや傘を収納しております


靴と一緒に服類をかけるのは
ちょっと臭いが気になるので
フローリング部分はハンガーパイプにするか
オール可動棚にするか悩みましたが
主人の会社用のコートや
お庭にちょこっと出る用の3軍上着などを
ちょいがけするのには便利かなぁと思い
一部はハンガーパイプを設置しました


まずは図面から↓

z6.jpg


パイプの下に引き出し系の収納を置く予定なので
通常の枕棚は180cmのところを200cmに変更して
パイプの位置も少し高めにして頂きました!


実際のお家はコチラ↓

w16.jpg


靴の臭いが気になるので
24時間換気の排気口を付けて頂きました

・・・が。

これだけ靴が密集すると
いくら窓や換気口があったとしても
それなりに下駄箱臭がします・・・


今はまだ何も対策をしていないので
芳香剤か何か置いて様子を見ようかなぁ・・・


ひとまず、臭い&見た目的に
SICの出入り口にドアを付けておいて
正解だったと思います


外に見せたくないブレーカーは
ベストポジションにおさまりました


w17.jpg


最後に照明についてですが

我が家はシャンデリアなどの装飾的な照明以外の
ダウンライトやスポットライト等は
すべて温白色に統一しております

(参考記事:ショールーム巡り「KOIZUMI」 我が家の照明は温白色メインに決定!
ダウンライトVSシーリングライト 新築時の照明選びの決め手は?


ホールに関しては電球色にしようか悩みましたが
結局、統一感重視で家中のダウンライトを温白色に決定した為
当初はSICも人感センサー付きの温白色のダウンライト
にする予定だったのですが
減額調整の結果
家族しか通らない場所は見た目よりお値段重視!
ということで、取付費がかからない
人感センサー付きの小型シーリングライト
に変更することになりました


しかし、一つ問題があり
安価な小型シーリングライトは温白色の商品がない!!
昼白色か電球色の2択しかない為
どちらにしようか・・・と悩んでいたところ
見つけた商品がコチラ↓




アイリスオーヤマ 
LED小型シーリングライト 人感センサー付き
白色700lm SCL7WMS

昼白色と温白色の間の白色なのがポイントです


電球色だと靴の色がわかりにくいけど
昼白色ほど青白くもしたくなかったので
我が家にとってはベストな商品でした


お値段もとってもリーズナブルで
人感センサーの反応も良く大満足です


まだ完全に片付いていないので
SIC内の収納を模索中ですが
まぁまぁ使い勝手は良さそうなので
ちゃんと家族みんなが通り抜けてくれるような
快適なシューズインクローゼットになるように
改良していこうと思います


オシャレ度ゼロ・・・
可動棚の面白みのない写真ばかりで
失礼致しました


次回のWeb内覧会は贅を尽くした1階トイレを予定しております




クローゼットや収納のアイデアがたくさん!
にほんブログ村テーマ 押入れ~クローゼットの収納へ
押入れ~クローゼットの収納

オシャレな部屋作り、便利な部屋づくり


web内覧会*収納・クローゼット♪




<Web内覧会★玄関編>
【Web内覧会★玄関①】 腰壁のある真っ白な玄関ホール
【Web内覧会★玄関②】 照明&ニッチにこだわった玄関プランニング



施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)


ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
 
にほんブログ村


最後までお読み頂きありがとうございました






シューズインクローゼットは通り抜け出来る必要性があるのか?!

ひと昔前の日本の住宅では
「靴は下駄箱にしまう」
ということが当たり前で
どんなお宅の玄関にも大なり小なり
下駄箱が置かれているのが一般的だったと思います


しかし、10年くらい前?から流行りだしたのが
「大きな下駄箱の中に入って靴をしまう」
というような感覚で
玄関脇に土間のある収納を作って
靴だけでなくベビーカーなどの家の外で使うものを
土間部分にまとめて収納する
シューズインクローゼット(SIC)です


最近の住宅展示場やモデルハウス等では
見ないことがないくらいメジャーな存在になった
シューズインクローゼット


shuunou_power_img05.png
※画像はお借りしました


ミーハーな我が家も契約前から絶対に採用しようと
心に決めておりました


脱ぎ散らかした靴など一切ない
整理整頓されたきれいなお玄関
憧れますよね


シューズインクローゼットを作る上で
間取り的に問題となるのが

通り抜け出来るか出来ないか

どちらにするべきか?!
ということだと思います


通り抜け出来ない1WAYタイプと
通り抜け出来る2WAYタイプの
シューズインクローゼットの
メリット・デメリットを比較していきたいと思います



通り抜け出来ないSIC(1WAYタイプ)

z17


☆メリット☆
・通り抜ける通路がいらないため収納力が高い
・出入り口が1つなので見た目がスッキリ


★デメリット★
・靴を毎回持って玄関を出入りするのが面倒
・土間部分の物を取るときは靴を履き替え
ないといけないのが面倒くさい
・玄関に靴が脱ぎっぱなしになりやすい
・奥の方に入れた物が取り出しにくい
・SIC自体が物置化する可能性がある

z14.jpg




通り抜け出来るSIC(2WAYタイプ)

z19.jpg


☆メリット☆
・家族用の玄関とお客様用の玄関が完全に分かれる為
常に靴がないきれいな玄関が保ちやすい
・土間部分で靴を脱いで
そのまま家に上がれるので導線がスムーズ


★デメリット★
・通路分のスペースが必要なので収納力が下がる
・SICを通り抜けないと無意味なものになる
・出入り口が2つあるので見た目がごちゃつく

z16



どちらのタイプもメリット・デメリットがあり
各家庭の荷物量や内容によっても
使い勝手は変わってくると思いますが


収納力では通り抜け出来ない1WAYタイプ


導線の良さは通り抜け出来る2WAYタイプ



ではないでしょうか?


1WAYタイプのSICの場合
土間部分に出入り口を設けることも可能ですが

帰宅後土間からSICに入って靴をしまって

別の靴に履き替えて玄関に戻る

靴を脱いで家に上がる

その靴は一体どこにしまうの???

・・・となるので
導線的によろしくないのでこれは却下!



我が家はとっても物が多い為
収納力は確保したいところですが・・・
上記の図のような1WAYタイプだと
ベビーカーなどの土間部分に収納したい物が
出し入れしにくそうなので
導線の良さを重視して
2WAYタイプのSICに決定しました


そもそも収納力だけを考えると
壁一面に大容量のクローゼットを作るのが
人が入る通路が一切無い為

断然効率的!だということは
わかっているのですが・・・


玄関が扉だらけになるのは
なんだか見た目的にイマイチだし・・・
何より流行り物を採用してみたいミーハー精神
シューズインクローゼットへの憧れにより


我が家のSICはこのような間取りになりました


z20.jpg


実際のSICの内部の仕様や写真については
次回のWeb内覧会SIC編でご紹介しようと思います



クローゼットや収納のアイデアがたくさん!
にほんブログ村テーマ 押入れ~クローゼットの収納へ
押入れ~クローゼットの収納

オシャレな部屋作り、便利な部屋づくり


web内覧会*収納・クローゼット♪




<Web内覧会★玄関編>
【Web内覧会★玄関①】 腰壁のある真っ白な玄関ホール
【Web内覧会★玄関②】 照明&ニッチにこだわった玄関プランニング



施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)


ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
 
にほんブログ村


最後までお読み頂きありがとうございました





<外構★着工1・2日目> 採掘&転圧 ショベルカーが我が家にやって来た!

Web内覧会をほったらかしで
外構の記事ばかりですみません


ちょっと順番が前後してしまいますが
早くリアルタイムの外構工事状況に追いつきたいのと
放置すると忘れてしまいそうなので
外構プランニングとWeb内覧会の間に
外構の現場日記をちょいちょい挟んでいこうと思いますので
もう少しだけ外構のお話にお付き合いくださいませ


外構工事は部材の搬入状況や職人さんの事情で
ちょくちょく間が抜けているので
着工からの日付と工事期間とにずれがあるので
実際に工事が行われた延べ日数で
○日目と記載させて頂きます


<外構着工★初日>

敷地内の高低差のレベルを測ったり、
建築工事中にボーボーに生えた雑草を抜かれたり
本日は明日からの準備というような雰囲気で
職人さんがお一人で色々と作業されていました



<外構工事:2日目>

本日から本格的に工事スタート!
ユンボ(小型のショベルカー?)が敷地内に入って
お庭の土を掘り起こしていました


ie102.jpg


働く車が大好きな息子は
特に工事関係の重機や車が大好きなので
お家にやってきたショベルカーに大興奮


だったのですが・・・


ie101.jpg


繊細なハートの持ち主の彼は
大きな工事音がとても苦手な為
せっかくお庭に出れば間近で作業が見学出来るのに
音が怖くてお外には出られず・・・
お家の中からそぉ~~っと覗いていました

造作ベンチの上にちょこんと座って
ショベルカーを見つめる息子です

親バカですが
後姿がなんだか妙にキュート
慌ててカメラを探して隠し撮り


駐車場やアプローチなど深く掘る場所は土が余る為、
残土処分する為トラックに乗せこんでいました


ie106.jpg


ショベルカーで掘り起こした後は
職人さんが手作業で転圧


ie107.jpg


お家の中まで結構な音が響いていて
息子はどんどんテンション
ショベルカーと笑顔で記念撮影は
残念ながら出来ませんでした



採掘作業と並行して行われていたのが
7段から6段へ1段カットしたブロック塀の
切断面の処理です!
(参考記事:<解体7日目>解体も終盤!ブロック塀を7段→6段にカット!!


まずは切断されたブロック塀の上端に
木枠のようなものを設置して


ie100.jpg


職人さんがモルタルを流し込んでいきます


ie103.jpg


しばらく乾かして木枠を外すと・・・


<Before>

ie108.jpg



<After>

ie105.jpg


ガタガタだったブロック塀の上端が
とてもキレイになりました


本日の作業終了後の写真はコチラ


ie104.jpg

ひとまず整地が完了しました☆


既に入居している為
外構工事に関しては気が向けば
いつでも作業をチラ見することが出来るので
お家づくりマニアな私としては
今後の工程がとっても楽しみです



外構に関するたくさんのアイデアはコチラ

にほんブログ村テーマ エクステリアデザインへ
エクステリアデザイン

庭・外構・エクステリア・リフォーム


WEB内覧会*外構




施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)


ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
 
にほんブログ村


最後までお読み頂きありがとうございました







<外構>伸縮門扉VS跳ね上げ式ゲート!カーゲートは本当に必要なのか?!

前回の記事で
要望てんこ盛りな外構プランの内容公開♪お見積もり金額に愕然!
我が家の大まかな外構の要望事項を書きましたが
駐車場に関するMUSTな要望は

乗用車2台分の並列駐車場

ということです


一般的に車1台につき幅2.5mあれば駐車は可能なので
最低2台分で5mの幅があれば
駐車場として問題はないようなのですが・・・


・前面道路幅が4mで狭い
・主人の車がそこそこ大きめ
・私の駐車技術が下手くそ
・2台共にチャイルドシート装着中
・常にそれなりに荷物が多い
・駐車場の敷地内で乗り降りしたい


という諸事情から
とにかく駐車しやすいことが重要!
ということで
通常よりも広めの約6mを
駐車場の間口として確保することになりました


我が家の土地は南北に縦長な為、
道路に面している間口はそれほど広くないので
駐車場に6m使うと、土地の間口の半分を占めてしまい
結構な存在感を放ってしまいます


そこで少しでも見た目が良くて存在感が薄い
カーゲートを探すことになりました


跳ね上げ式ゲート
oke-h8.png
※画像はお借りしました


☆メリット☆
・開放時にゲートの収納スペースが不要
・手動式と電動式があり電動は特に操作が簡単
・見た目が比較的スッキリしている


★デメリット★
・2台用だと手動式が少なく、重くて操作性が悪い
・電動式はかなり高額


伸縮門扉
016_01.jpg
※画像はお借りしました


☆メリット☆
・サイズや色など種類が豊富
・値段が安い
・片開きか両開きなど開き方の選択可能


★デメリット★
・ゲートを開けた時に収納スペースが必要
・見た目がイマイチ・・・
・ゲートの開け閉めの操作が面倒くさい


さぁどちらのタイプにするべきか・・・


もちろん、お値段度外視で
利便性&防犯性で考えるなら

sya.jpg
※画像はお借りしました


このようなシャッタータイプのカーゲートが
便利でよいのでしょうが・・・

我が家はそんな高級車でもないし
庶民なのでこんなハイスペックなゲートは必要なし!


建て替える前の実家の駐車場は
伸縮門扉だったのですが
開け閉めの操作も見た目も好きでは無かった為
当初は跳ね上げ式ゲートにするつもりで
お見積りをお願いしておりました

・・・が。。。
車2台分&主人の車の車高がやや高めなので
手動式の跳ね上げゲートだと持ち上げるのが重くなる為
サイズ的にも電動式になってしまい
・・・高い!!!


門回りやデッキなどの見える場所にお金をかけるのは
まだ納得がいくのですが・・・
駐車場にそんなにお金をかけたくないなぁ・・・



・・・そもそもカーゲートって本当に必要?


ゲートが何もなければ開け閉めする必要もなく
すぐに車が出入り出来て意外と便利じゃない??


・・・そもそもゲートの見た目が好きじゃないし!



・・・・・・。



カーゲートや~めたっ!! 


クローズ外構でプランニング中なのにも関わらず
予算と見た目の問題でカーゲートをなくしてしまった我が家
どうやってクローズ外構にするのか?!

・・・は次回に続きます



外構に関するたくさんのアイデアはコチラ

にほんブログ村テーマ エクステリアデザインへ
エクステリアデザイン

庭・外構・エクステリア・リフォーム


WEB内覧会*外構




施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)


ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
 
にほんブログ村


最後までお読み頂きありがとうございました






sidetitleプロフィールsidetitle

Author:こだわりAママ
細かいことまで何でも気になるA型の性格に、家づくりへの情熱とこだわりの強さがプラスされてハウスメーカーさん泣かせのややこしい施主ですが、機能的でおしゃれな輸入住宅づくりに奮闘します!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle
施主様がこだわった素敵な お家の情報満載です!
にほんブログ村
sidetitle家づくり応援サイトsidetitle
無料で大手ハウスメーカーからの間取りプランの提案が受けられるのでおススメです☆
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleWEB内覧会sidetitle
素敵なお家のWEB内覧会はコチラ☆
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle楽天市場sidetitle
sidetitleコンテストに参加中sidetitle
sidetitle日刊sumaisidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: