<外構>憧れのウッドデッキをやめて、我が家がタイルデッキに決めた理由!

我が家の外構計画において必須アイテムだった
ウッドデッキをタイルデッキに変更したことは
過去の記事で少しだけ書きましたが


(参考記事)
<外構>ウッドデッキVSタイルデッキ メリット・デメリットを徹底比較!

<外構着工3・4・5日目> 砂利敷&デッキ下地 我が家のデッキの行方は!?


本日は我が家がタイルデッキを選んだ理由
について書きたいと思います♪


我が家の土地は南北に長い長方形をしており
お家は北側に寄せて建てているので
お庭は南側の縦長なスペースとなります。


ie178.jpg


リビングと和室の掃き出し窓から
デッキへ出入り出来るようにしたかった為
必然的にデッキの場所はお庭の中央部分となります↑



<ウッド(樹脂)デッキの場合>


ie179.jpg


<特徴>
・掃き出し窓とデッキの高さを合わせられるので
リビングとのつながり感が出せる

・デッキ自体の高さがあるので
水色の矢印部分が隠れて独立してしまい
裏庭のようになってしまう恐れあり

・通路が狭いのでデッキに階段を二か所設置しないと不便




<低めのタイルデッキの場合>


ie180.jpg


<特徴>
・掃き出し窓よりも低くなる為
リビングとのつながり感はない

・デッキ自体の高さが低い為
デッキの上を通って庭を行き来することが可能

・お庭全体を見渡せるので広く感じる?



両者の特徴で対照的な
リビングとのつながり感
本当に我が家に必要なのか?!


そこで我が家がデッキでやりたいことは
何なのかを考えてみることにしました!



<我が家がデッキでしたいこと>

・夏場は息子のプールを設置したい
・家族や友達とBBQをしたい
・デッキに座ってお庭で遊ぶ子供や犬を見守りたい
・季節の良い時期にティータイムを楽しみたい


studio1-slide2.jpg
※画像はお借りしました


ごく一般的なデッキの使用目的ですが・・・

改めて使用目的を考えてみると
リビングの掃き出し窓を開けた状態で
デッキを使用することってそんなにないのでは?!
と思うようになりました。

それならリビングとのつながり感よりも
お庭全体のつながり感を優先
した方が得策では?!


というわけで

我が家は土地の形状の問題で

デッキを低くする方が道路からの視線も遮られ
お庭全体のつながり感が出てバランスが取れる


と考えた為、
デッキの高さを自由に変えられて低くても
見栄えが悪くないタイルデッキを選びました♪


タイルデッキを選んだからには
少しでもオシャレで使い勝手の良いデッキにしたい!!!


次回は
タイルデッキのデザインや
どんなタイルを選んで貼り分けたかなどを
詳しくご紹介致します♪




外構に関するたくさんのアイデアはコチラ

にほんブログ村テーマ エクステリアデザインへ
エクステリアデザイン

庭・外構・エクステリア・リフォーム


WEB内覧会*外構




施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)

にほんブログ村 住まいブログへ


ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
 
にほんブログ村


最後までお読み頂きありがとうございました









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:こだわりAママ
細かいことまで何でも気になるA型の性格に、家づくりへの情熱とこだわりの強さがプラスされてハウスメーカーさん泣かせのややこしい施主ですが、機能的でおしゃれな輸入住宅づくりに奮闘します!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle
施主様がこだわった素敵な お家の情報満載です!
にほんブログ村
sidetitle家づくり応援サイトsidetitle
無料で大手ハウスメーカーからの間取りプランの提案が受けられるのでおススメです☆
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleWEB内覧会sidetitle
素敵なお家のWEB内覧会はコチラ☆
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle楽天市場sidetitle
sidetitleコンテストに参加中sidetitle
sidetitle日刊sumaisidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: