第2回打合せ 埋蔵文化財包蔵地ってなに?!

本日から設計士さんが加わって1/50の詳細図面でのお打合せがスタートです!
今までとは違う、細かい図面に「わ~!見やすい!わかりやすい」と
嬉しくなったところに、さらなる問題が我が家にのしかかりました・・・

敷地調査の結果、実家の土地は
埋蔵文化財包蔵地に指定されているとのこと。

・・・ん? まいぞうぶんかざい・・・???

埋蔵文化財包蔵地とは、
住居跡や水路などの「遺構」や、土器や石器などの「遺物」
といった文化財が埋もれている可能性がある土地のことを指すようです。

埋蔵文化財包蔵地内で建築工事をする際には、

着工の60日前までに市の教育委員会へ埋蔵文化財届出を提出

既存建物の解体

地盤調査
地盤改良計画確定後

市による試掘調査

という流れを踏まないと着工出来ないのです。

遺跡が残っていないor工事が埋蔵文化財に影響しないことが分かれば
とくに問題はないようですが、
万一試掘によって重要な遺物が出てきたり、
建築工事によって現存する遺跡が壊されるような場合は
本格的な「発掘調査」を実施しする必要があり、
そうなると数ヶ月着工が遅くなる可能性があるとのことです。

は・・・発掘って・・・
家族一同ドン引きです・・・

しかも、発掘費用は市が負担して頂けるけれど、
着工が遅れることによる家賃等の様々な追加費用に関しては
全て施主負担となるという理不尽っぷり
遺跡が大事なのはわかりますが
私有地なのに・・・何の補償もないのは
納得がいかないというか・・・腑に落ちません。

市への申請の関係で、
当初の予定よりも間取りや窓の位置等の決定が早まってしまったので
実家の断捨離と共に図面の方も本腰を入れて
検討しないといけなくなりました。

お願いだから遺跡も何も出てきませんように!!



ランキングに参加しております。
ブログ初心者ですが、よろしければ応援クリックをお願いいたします。
 
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:こだわりAママ
細かいことまで何でも気になるA型の性格に、家づくりへの情熱とこだわりの強さがプラスされてハウスメーカーさん泣かせのややこしい施主ですが、機能的でおしゃれな輸入住宅づくりに奮闘します!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle
施主様がこだわった素敵な お家の情報満載です!
にほんブログ村
sidetitle家づくり応援サイトsidetitle
無料で大手ハウスメーカーからの間取りプランの提案が受けられるのでおススメです☆
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleWEB内覧会sidetitle
素敵なお家のWEB内覧会はコチラ☆
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle楽天市場sidetitle
sidetitleコンテストに参加中sidetitle
sidetitle日刊sumaisidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: