IHクッキングヒーター幅60cmVS幅75cm 徹底比較!

IHクッキングヒーターのメーカーは日立にすると決定しましたが、
今度問題となるのはトッププレートの幅に関してです。

ビルトインのIHクッキングヒーターの本体自体の幅は60cmですが、
トッププレート幅は60cmと75cmの2種類があるため、
通常のキッチンの60cmモジュールでどちらの幅を利用することも可能です。
step4_anime.gif
※画像はお借りしました

トッププレート幅60cmと75cmのメリット・デメリットを比較したいと思います。

トッププレート60cm幅

img067.jpg

☆メリット☆
・キッチンの調理スペースが広く取れる
・標準仕様なのでお値段が安い

★デメリット★
・お鍋同士の間隔が狭く、干渉する可能性あり
・一時的にお鍋を置いておくスペースが天板上にないため
調理スペースに鍋敷きを使って置かないといけない

トッププレート75cm幅

img066.jpg

☆メリット☆
・お鍋同士の間隔が広く調理がしやすい
・一時的にお鍋を天板上に移動することが出来る
・見た目がゴージャスで素敵 (個人的な感想)

★デメリット★
・キッチンの調理スペースが狭くなる
・オプションになるのでお値段が高い


設計当初の我が家は、60cm幅を選んでおりました。

理由は、

・現在使用中のガスコンロが60cmで特に問題ない
・基本的には左右2つのIHしか使わないので
そんなにお鍋が干渉するとは思わない
・少しでも調理スペースが広い方が良い

という感じです。

残念ながらお料理大好きな素敵主婦ではない私・・・
3つのお鍋を同時に操って調理することなんてきっと稀なので
コンロの使い勝手よりも調理スペースを優先しようと
思っておりました。
15cmの差は大きいですものね!

が、、しかし!!

ショールームで実際に商品を見ると・・・

75cm幅の方が断然見た目が素敵 

そして、極めつけは

コンロとシンクの間の調理スペースは

15cmではなく7.5cmしか広くならない

という事実が発覚!!

img065.jpg

7.5cmくらいの差なら、天板上にお鍋も置けるし、
天板は熱くならないので調味料なども置けるし、
見た目も素敵だし、

もうこれはお値段以外75cm幅にしない理由はない!
きっと75cm幅なら3つのお鍋を操って凝ったお料理もするに違いない!!
この差額は必要経費だっ!!!

・・・と自分に都合の良い思考回路で
あっさりと60cm→75cm幅へ変更することになりました

どんどん跳ね上がるキッチンのオプション料金・・・

少ない予算の中・・・こんなに贅を尽くしたキッチンになってしまったら
本気でお料理を頑張らないと主人に怒られてしまいそうです
現在の私のやる気度の比率は家づくり95%、お料理5%くらいですが・・・
どちらも頑張りたいと思います


<IHクッキングヒーター関連記事>
IHクッキングヒーター 三菱・パナ・日立 3大メーカー比較!



施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)


ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、よろしければ応援クリックをお願いいたします。
 
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:こだわりAママ
細かいことまで何でも気になるA型の性格に、家づくりへの情熱とこだわりの強さがプラスされてハウスメーカーさん泣かせのややこしい施主ですが、機能的でおしゃれな輸入住宅づくりに奮闘します!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle
施主様がこだわった素敵な お家の情報満載です!
にほんブログ村
sidetitle家づくり応援サイトsidetitle
無料で大手ハウスメーカーからの間取りプランの提案が受けられるのでおススメです☆
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleWEB内覧会sidetitle
素敵なお家のWEB内覧会はコチラ☆
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle楽天市場sidetitle
sidetitleコンテストに参加中sidetitle
sidetitle日刊sumaisidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: