新築戸建てのテレビ視聴はアンテナVSケーブルVS光回線どれが最適か?!

先日の中間立ち合いの際に悩んだ末に決断したことが
新居にアンテナをつけるかどうか


ひと昔前はどのお宅の屋根の上にも
魚の骨のような形のアンテナが設置されておりましたが・・・

Yagi.jpg
※画像はお借りしました


最近新築されたお宅はアンテナのない場合が多くないでしょうか??
皆さんケーブルテレビや光回線を利用しているのでしょうか??


疑問に思って色々と調べてみると
今はこんなにスッキリした
壁付けアンテナがあるということを知りました!

K0000064654.jpg
※画像はお借りしました


これなら家の裏側に付ければ目立たないしOK

と簡単に考えていたので、
壁付けアンテナを付ける方向性で立ち合いに挑んだのですが、
このアンテナ・・・
電波の強い地域しか設置が難しいそうなのです!

残念ながら我が家の場合は、
電波の状況がそこまで良い地域ではないようで
付ける方向によっては地上波でも映らなチャンネルが出てきそうとのこと。


お家のインテリア関係は大好きなので
死ぬほど色々と調べても
全然苦にならないのですが・・・


電気やLANやテレビやネットなどなど
このような電気関係のお話は全く興味がわかず
基本的に私はあまりわかっていないので
全て主人任せで放置していたところ
主人もそこまで真剣には調べておらず・・・
家族全員でオロオロしてしまいました


第一候補の壁付けアンテナの設置が微妙となると
選択肢は2つ

魚の骨アンテナ VS 光回線orケーブルテレビ

のいずれかとなります。


<アンテナ>
☆メリット☆
・初期費用はかかるけれどランニングコストは0円!

★デメリット★
・お家の外観を損なう見た目の悪さ
・台風などで故障する可能性あり
・悪天候によっては映像が乱れたり映らないこともある


<光回線orケーブルテレビ>
☆メリット☆
・外壁に穴をあける必要もなく見た目スッキリ
・天候に左右さるることもなく映像がきれいに映る
・契約体系に応じて多数のチャンネルが視聴可能

★デメリット★
・契約体系に応じて毎月費用が発生するのでランニングコストが高い


コスト面では圧倒的にアンテナが優勢!!

我が家はそこまでテレビを見る家庭ではない為
地上波が視聴出来れば十分なので
毎月テレビを見るためにお金を払うのは・・・
という思いから壁付けアンテナを導入しようとしていたのですが・・・


せっかくの可愛い輸入住宅に
魚の骨のアンテナは外観上無理!!



ということで、
我が家はアンテナは設置せず、
ネットなどと合わせて光回線利用
テレビを視聴することに決定しました!


ランニングコストがかかる面はやはり気になりますが・・・

見た目>コスト

を選んでしまいました


もう外にアンテナ線が出ることが無い為
後からやっぱりアンテナを付けたい!とかは
難しいのでとても心配ですが・・・
まぁ何十年も経てば、
また新たな視聴方法が生まれるかもしれませんしね


ご新築される方は、
我が家のような確認不足にならないように
ご自宅の電波受信状況も確認もされた上で
快適な宅内配線が出来るようにお気を付けくださいませ☆




施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)


ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
 
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:こだわりAママ
細かいことまで何でも気になるA型の性格に、家づくりへの情熱とこだわりの強さがプラスされてハウスメーカーさん泣かせのややこしい施主ですが、機能的でおしゃれな輸入住宅づくりに奮闘します!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle
施主様がこだわった素敵な お家の情報満載です!
にほんブログ村
sidetitle家づくり応援サイトsidetitle
無料で大手ハウスメーカーからの間取りプランの提案が受けられるのでおススメです☆
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleWEB内覧会sidetitle
素敵なお家のWEB内覧会はコチラ☆
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle楽天市場sidetitle
sidetitleコンテストに参加中sidetitle
sidetitle日刊sumaisidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: