<着工91日目:塗装工事> 我が家の塗装は何色? 造作ベンチ初登場!

木工事もかなり終盤に向かっている我が家。
本日から内部の塗装工事が始まりました!!

我が家は白い建具を選んでいるので
巾木や廻縁などが全てホワイトとなります。

これらは全て工場塗装なので
予めホワイトに着色された状態で搬入されるのですが、
大工さんに造作して頂いたカウンターやニッチや造作ベンチ
などは職人さんが現場で塗装をして仕上げて頂きます


色を決める際に

統一感を出すためには
塗装色は2~3色でまとめた方がよい


というICさんのアドバイスから

我が家の塗装色は

・建具と同様に木目なしのマットなホワイト
・木目ありの薄目の自然塗料のホワイト
・階段や書斎のカウンター用の濃い目のブラウン

のホワイトに決定していたのですが

自然塗料は木に浸透する為
1度塗りでは思っていたよりも白くならず・・・
2度塗りをして頂くことになったり
一部現場調色で木目は出るけれど
もっと白っぽいホワイトを作って頂くことになったりと
ご迷惑をおかけしてしまいました


結局、塗装色が4色になってしまったけど・・・
まぁ大丈夫かな??


色にかなりこだわりがある上
実際に塗られるまでどのようになるかわからないので
塗装工事は結構ドキドキしちゃいます



ダイニングの造作ベンチ初登場!!


ie35.jpg

こちらはマットなホワイトが塗られています



ハーフサークル窓のモールも同じくホワイト塗装!

<Before>

ie31.jpg



<After>

ie36.jpg

窓がくっきりして可愛くなりました


書斎のカウンターは階段と同系色のブラウン塗装


ie34.jpg

白っぽい他のお部屋と違って
書斎を少しでもシックにしたいという
主人の数少ない希望でブラウンとなりました



書斎以外のカウンターやニッチは木目ありのホワイト


ie37.jpg


2回塗りして頂いているのですが
思ったよりは白くありませんでしたが・・・

フローリングの色味と近いので
温かみがあるし、木目がきれいに見えるので
これはこれで良いかな~と思います



現場でちょっと問題となった和室の3枚引き戸の上部分


<Before>

ie40.jpg


和室なので、この自然な木の色が基本のようですが
思いっきり洋風にしている我が家の和室としては
この色は避けたい・・・

扉を開け閉めするので
塗装が剥げる可能性は高いようですが
就寝時以外は基本的に開けっ放し予定なので

剥げても良いから白くして欲しい!!
とお願いしたところ・・・


<After>

ie41.jpg


違和感がなくなり良い感じ
こちらはマットなホワイトだと剥げた時目立つので
現場調色の木目は見えるけど白っぽいホワイトに
塗って頂きました!!


こんなところまで塗ってほしいとお願いする人はいないようで
大工さんも「えっ?ここ塗るの??」 という感じでしたが
わがままを聞いて頂いて現場監督さんや職人さんに大感謝です


週明けからはクロスやタイル工事も始まるので
ワクワクが止まりませんが
保険やローン関係を真剣に考えないといけないので
頭が痛いです・・・





施主様のこだわりが詰まったお宅の情報が満載です。
是非参考に覗いてみて下さい☆
住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)
住まいブログ 輸入住宅(施主)


ブログランキングに参加しております。
更新の励みになりますので、
ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
 
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:こだわりAママ
細かいことまで何でも気になるA型の性格に、家づくりへの情熱とこだわりの強さがプラスされてハウスメーカーさん泣かせのややこしい施主ですが、機能的でおしゃれな輸入住宅づくりに奮闘します!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle
施主様がこだわった素敵な お家の情報満載です!
にほんブログ村
sidetitle家づくり応援サイトsidetitle
無料で大手ハウスメーカーからの間取りプランの提案が受けられるのでおススメです☆
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleWEB内覧会sidetitle
素敵なお家のWEB内覧会はコチラ☆
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロ友申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle楽天市場sidetitle
sidetitleコンテストに参加中sidetitle
sidetitle日刊sumaisidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: